私は東京都内でヨガスタジオでインストラクターをやっています。去年からうちのスタジオでもピラティスのコースができて、ピラティス専門のインストラクターもいるのですが、ピラティスの需要が多くなってきて最近私もピラティスを教えるようになりました。

そこで、ピラティスとは?ピラティスのヨガの違いは?など書いていこうと思います。

まず、ピラティスとは、実は人の名前なんです。ドイツ人の従軍看護師ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスさんが開発したエクササイズなんです。看護師なんでリハビリに基づいてつくられたもので、身体のストレッチ、筋力強化、そしてバランス強化を目的としてデザインされたエクササイズと身体の動作法です。

エクササイズを実践することで、理想的な姿勢と動作を学ぶことができ、それによって慢性的な痛みの改善や障害の予防、運動パフォーマンスの向上からリハビリテーションまでを可能にします。さらにその正しい運動パターンを体に癖づけることにより、生活の質にまで広い範囲で影響を与えるんです。

現在、ピラティスは体幹とインナーマッスルの強化法として広まっていますが、実際には体全体を整える効果があり、体幹だけでなく四肢の筋力強化、柔軟性の向上、筋持久力の向上が期待できます。

ピラティスでおこなわれるエクササイズのほとんどは背骨や骨盤の動きに焦点を当てており、ピラティス独特の呼吸法と組み合わせながら、それらのアライメントを整えることに重点がおかれています。

近年ではリハビリテーションを目的としてピラティスを指導したり実践したりする人が増えており、ピラティスを導入することによって大幅なリハビリ時間の短縮、機能改善、怪我の早期発見と予防ができることで話題となっています。

さらには、フィットネス関係者のみならず多くの医療従事者がピラティス指導者資格コースに参加し、様々な施設で活用されているんです。なので、ヨガとピラティスはできた過程が根本的に違うんです。